法律について知っておきたいポイントとは

不倫の慰謝料

不倫が発覚した時の慰謝料。

不倫の慰謝料の相場は30万円から300万円あたりだと言われています。実際には30万円未満も場合もありますし、高額になるケースもあります。妻や夫が不倫していたときに慰謝料を請求することが可能か確認します。不倫相手と肉体関係があった場合は問題なく慰謝料の請求ができます。メールや電話のやりとりをしているといった関係だけでは不貞行為と認定される可能性は少なくなってしまいます。慰謝料の金額が決まる条件はあります。もちろん慰謝料ゼロになる場合や、数百万円単位の金額を支払わなければならない時もあります。夫婦関係がすでに破綻しているときの不貞行為に対する慰謝料請求は認められていません。しかし微妙なケースの時には立証することは簡単ではありません。

気を付けるべきポイント。

慰謝料を請求するときに脅迫や暴力を伴ってしまうと刑事事件になってしまいさらに高額の慰謝料を支払うことになってしまいます。もし不倫をしていた相手が既婚者と全く知らなかった時には、慰謝料を請求することは厳しくなります。不貞行為の請求時効が存在します。不貞行為の存在を知った時から3年です。請求の時効は不貞行為のあった時から20年とされています。つまり不倫を知ってから3年で時効ということです。請求を行う上で一番気になることが、どのくらいの金額を請求できるのかです。非常に稀な例ですが、300万円を超える賠償命令という高額な判例も存在しています。請求する相手の収入もあるので、それを大幅に超える請求は出来ません。