法律について知っておきたいポイントとは

離婚の問題

財産分与請求には期限があります

 離婚する際に子供の養育費や慰謝料の金額を決めるケースが多いですが、婚姻期間中に形成した財産の分け方も相談する必要があります。慰謝料というのは、どちらか一方に婚姻を継続しがたい重大な事由があり、それが原因で離婚することになった場合に発生する金銭です。ですので、慰謝料の支払いが発生しないケースもかなりあります。しかし、財産分与は必ず発生する問題ですので、きちんと対処しなくてはなりません。稀に夫婦の一方が財産を隠してしまい、財産の内容が判然としないケースがあります。離婚後に財産分与請求をすることも可能ですが、財産分与を請求できるのは離婚後2年以内と決まっていますので、悠長に構えているわけにはいきません。でも、弁護士に頼めば、弁護士照会制度を利用して、相手方の財産内容を調べてもらうことができます。ですので、相手が財産隠しを行っている場合には、早めに弁護士に相談するのが得策です。

年金の分割請求にも期限があります

 専業主婦であった人が離婚する場合、婚姻期間中の年金を分割してもらうことができるようになりました。昔はそのような制度が存在していなかったため、離婚後に生活が困窮してしまう女性が少なくありませんでした。しかし、現在では年金分割制度ができたため、婚姻期間中ずっと専業主婦だった人でも、老後の生活費を確保することができるようになりました。しかし、夫婦間で年金の按分割合に関する合意が成立しなかった場合には、裁判所に申し立てる必要があります。また、夫に一方的に押し付けられた按分割合に納得できなかった場合にも、裁判所に申し立ててその判断を仰ぐことができます。ただし、離婚後2年以内という制限がありますので、そのような申し立てを希望している人は、弁護士に相談して早急に手続きを取ってもらうようにするとよいでしょう。